子供たちの未来に届けるエコ電力!!





太陽光発電に興味があるけれど、設置費用が高いのでは?
地震などの自然災害による停電が心配!!

電力自由化になったのです!!無料シュミレーションしてみてください!!

☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

 太陽光発電を無料設置で、エコな「電力自由化」しませんか?
 そんなときは日本エコシステムの「じぶん電力」です!

 電気の購入先を日本エコシステムがご提案する「じぶん電力」へ
 切りかえると、ご自宅に太陽光発電が無料で設置でき、
 環境にやさしい暮らしが可能に。

  ▽カンタン1分で入力っ完了!▽
  お申し込みははコチラから
設置費用ゼロではじめられる新しい太陽光発電【じぶん電力】

☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★



※太陽光発電システムは契約期間中、日本エコシステムの所有となり、発電した電気は日本エコシステムに帰属します。お客様が使用した分を電気代としてお支払いいただきます。
※契約期間中であっても残存期間に応じた価格で太陽光発電システムを買い取ることもできます。
※契約期間終了後は太陽光発電システム一式を無償譲渡いたします。



補助金を利用して蓄電池を安く購入しよう




一括見積を利用された方の口コミ
●複数社の見積もりを慎重に比較検討することが大事ですね

タイナビ蓄電池を利用し、5社に相見積もりを取りました。当日のうちに5社から電話があり、1社に現地訪問をお願いし、あとの4社はメールと電話でやりとりをしました。価格やサービスを比較検討し、3社と実際にお会いして発注会社を決めました。補助金申請もすんなりいき、結果的に大変満足しています。蓄電池を買う際は、複数社の見積もりを慎重に比較検討することが大事ですね。

●金額をかなり抑えることができました

当初太陽光発電システムの購入を検討していましたが、蓄電池も導入した方がメリットが大きいことを知り、太陽光発電とセットで購入に踏み切りました。シングルタイプかダブルタイプかで悩みましたが、我が家の場合日中留守にしていることが多いため、シングルタイプの機種にしました。音もエアコンの室外機などと比べてもずっと静かで、今では購入して本当に良かったと思っています。タイナビ蓄電池を利用した感想としては、どこの販売店も対応が良く、親身になって相談に乗ってもらえるということです。複数の企業から相見積もりを取ったことで、想定していたコストから金額をかなり抑えることができましたし、良い買い物ができました。ありがとうございました。


●価格だけでなくサポート内容で購入先を決めるのもアリだと思います

我が家は二世帯住宅で、太陽光発電を昨年設置済みです。子どもや年寄りも一緒に暮らしているため、停電時や災害時など電気がないと危険だと思い、蓄電池を購入しました。毎月の電気使用量が多いため、太陽光と同じメーカーのダブルタイプで検討していたところ、メーカーと同じに揃える必要はないと教えていただき、実績が多く価格も安い◯◯社の蓄電池で決めました。また、我が家は海からも近いのですが、塩害地域でも設置できる機種だったことも決め手になりました。販売店によっては独自のアフターメンテナンスなんかもついていたりしますので、10年以上使い続ける製品と考えたときに、価格だけでなくそういった設置後のサポート内容で購入先を決めるのもアリだと思います。


●停電の支障なく仕事に打ち込めます

私の住む地域では東日本大震災以後停電が多発するようになり、また在宅で仕事をしていますので、仕事に支障が出ては困ると思い、蓄電システムに興味を持ちました。ただ蓄電池といっても何も予備知識がなかったので、ネットで検索して見つけたこちらのサイトを利用させてもらいましたところ、実際に問い合わせてから知ったのですが、私の住む地域では蓄電池の補助金が全国でもトップクラスで手厚いそうで、結果的に定価の半分ほどの価格で購入できました。今でもたまに停電は起きますが、自動で蓄電池に切り替わってくれますので、なんら支障なく仕事に打ち込めます。今後なにかの災害時にも活躍してくれそうですし、買って良かったと思っています。


●様々な企業を比較できたのが良かったです

現在は家族3人で暮らしてますが、今後電気代が上がれば売るよりも家の中で使った方がいいということを担当者から教わり、将来的なことを考えシングル発電とダブル発電の切り替えが出来る機種を購入しました。サイト利用後、すぐに企業から見積もりが届きました。結果的に補助金が優遇される地元企業にお願いしましたが、販売実績が豊富な企業や取扱製品の多い企業など、様々な企業を比較できたのが良かったです。価格にも大変満足しています。有難うございました。


蓄電池システムの導入に使いたい補助金制度

「今後のために蓄電池システムを導入したいけれど、値段が高くてとても手がでない」という方もいるのではないでしょうか ?
そこで活用していきたいのが、国や自治体から受けられる補助金です。ただ、住んでいる自治体、導入する設備、メーカー、家庭用か法人かで条件が違ってきますので、詳細は補助金制度を行っている地方自治体に問い合わせてください。

国から受けられる補助金制度

HEMS(家庭内のエネルギー監理システム)、BEMS(ビル管理システム)などの、エネルギーマネジメントに関わる補助金の窓口になっている一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)では「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」を設けています。
これは、エネルギー密度と充電・放電エネルギーの効率が 非常に高く、残っている容量や重電の状態が監視しやすいリチウムイオン蓄電池を導入する際に適用できる補助金制度です。蓄電システムを購入する金額、それに附属する機器に定められた目標価格の差額分3分の2以内の補助が受けられます。
上限額は住宅1棟あたり100万円、1事業所あたり1億円です。その他にも、 家庭用蓄電池、燃料電池などに対する補助金などもありますので、知っておくと導入をする際に役立つでしょう。

この記事へのコメント